トップページ > おかず > 毎日食べても飽きない、にんにく入り「常夜鍋」をホント毎日食ってました。

毎日食べても飽きない、にんにく入り「常夜鍋」をホント毎日食ってました。

常夜鍋はとてもカンタンな鍋です。
しかも毎日食っても飽きないし、美味しいんです。
寒い夜に、熱燗のお供に、お夜食に、独身最後の夜に…!
自分が好きな材料を入れて、オリジナル常夜鍋で今宵もほっこり。。。

常夜鍋の材料

INGREDIENTS

豚肉
200g
ほうれん草
1束
1カップ
にんにく
1片
ポン酢
適量
ごま
適量
ごま油
適量
酒を合わせる

STEP1

鍋に水を張り、酒を入れます。
7:3、6:4くらいの割合で入れると良いでしょう。
ほろ酔い気分にさせましょう。

にんにくを入れる

STEP2

にんにくを入れてから火を点けましょう。
常夜鍋はシンプルですが、それだけににんにくの風味が生きてきます。
次の日の仕事のことなど忘れて、にんにくを入れましょう。

ごまを合わせる

STEP3

沸かしている間に、つけダレを作ります。
ポン酢にごま油入れ、ゴマを入れます。
ポン酢だけでも充分に美味いです。

常夜鍋のタレ

STEP4

このつけダレは、あなたです。
オイスターソースと大根おろしや、しょう油にレモン汁、韓国風ピリ辛タレ等、お好みのタレを作りましょう。
マスメディアに踊らされることなく、自分の味を貫き通しましょう。

豚肉を茹でる

STEP5

鍋が沸騰してきたら豚肉を投入します。
清らかな湯が一気に淀みますが、ためらうことはありません。
戦後日本の通ってきた道なのですから。

ほうれん草を投入

STEP6

ほどよく色づいたら、ほうれん草を根っこから入れます。
1束丸々入れてますが、食べやすいサイズにカットしても良いでしょう。
茎と葉に分けても良いですね。

常夜鍋

STEP7

ほうれん草はすぐに火が通るので、シナっとなったらすぐに食べ頃です。
豚肉のアクがスゴいので丁寧にすくい取ってやるとよいでしょう。
クレジットカードのリボルビング払いのような存在ですが、丁寧にすくい取れば利息は少なくて済むでしょう。
スープでタレを薄めて食べます。
豚肉の美味さが際立つシンプルな鍋です。