トップページ > 麺類 > 生クリームを使わないカルボナーラは、炒り卵パスタからスタートしました。

生クリームを使わないカルボナーラは、炒り卵パスタからスタートしました。

カルボナーラを最初作ったときは、ただの炒り卵パスタでした。
そして今回も前半で失敗したかなと思いましたね。
でも完成してみると過去最高の美味さでしたよ。
おうちランチに、ワインディナーにチーズとともに、ブラックペッパーパーティーのプリモピアットに…!
生クリームも牛乳も使わずに、カンタンにカルボナーラをマイレシピに加えちゃいましょう。

カルボナーラの材料

INGREDIENTS

ベーコン
3枚
1個
卵黄
1個
パルメザンチーズ
大さじ3
小さじ1
ブラックペッパー
適量
オリーブオイル
適量
スパゲッティ
80g
容器に水をはる

STEP1

まずスパゲッティを茹でます。
ペペロンチーノの時に使ったレンジで茹でる容器で、カンタンにやります。
ここで入れる塩が後から効いてきます。

パスタをレンジでチン

STEP2

電子レンジは600Wで、茹で時間+5分回します。
たっぷりのお湯を沸かすのと、電子レンジを16分回すのはどちらが経済的かを計算しながらやるといいでしょう。
僕はそういうの苦手なので、カンタンにレンジでやります。

カルボナーラソースを作る

STEP3

スパゲッティを茹でている間に、カルボナーラのソースを作ります。
パルメザンチーズに卵と卵黄を加え、混ぜ合わせます。
ここでチーズがダマになって「失敗」の二文字が頭に浮かびますが、思考は現実化するのですぐにかき消しましょう。
どうしてもかき消せないなら、政治家のおじさんの顔を思い浮かべるとよいでしょう。

ベーコンを炒める

STEP4

ベーコンをオリーブオイルで炒めます。
本当は豚肉の塩漬けや分厚いベーコンの方が美味しいんですけどね。
相方が肉嫌いなので、安いベーコンしかないんですね。
仕方ないですね。

パスタを投入

STEP5

ベーコンがカリカリになってきたら、茹で上がったスパゲッティを投入します。
せっかく畳んだ洗濯物を子供たちが散らかすように、だらしなく広げましょう。

ブラックペッパーを振る

STEP6

そしてブラックペッパーをかけます。
カルボナーラはブラックペッパーがアクセントとなります。
カルボナーラはブラックペッパーのために作っているようなものです。

ソースを投入

STEP7

そして必ず火を止め、ダマになったカルボナーラのソースを入れます。
火を止めないと、炒り卵パスタになります。
さらに茹で汁を加えると、ダマになっていたソースがトロトロになります。
ちなみに生クリームは、卵が固まるのを防ぐためのレストランの調理法で、本来は入らないんです。
ウィキペディアにそう書いてありました。

ブラックペッパーを振る

STEP8

皿に盛り、追いブラックペッパーとパルメザンチーズをかけます。
ブラックペッパーパーティーにふさわしいカルボナーラに仕上げます。

カルボナーラ

STEP9

スパゲッティを茹でる際に入れた塩と、ブラックペッパーのピリッとした味わいがなんとも絶妙で、ごきげんウマいです。
子供が寝静まったあとに、コソコソと食べたい一品ですね。